1. >
  2. >
  3. インターシップの目的とは
ワーク

インターシップの目的とは

インターンシップとは

最近では企業がインターンシップを用意することが増えています。
参加することが必須となっている企業も多いです。

インターンシップとは企業が学生に対して就業体験の機会を提供し、学生が学ぶ機会を設ける制度のことを指します。
企業は体験してもらうことで自社のことをよく知ってもらうこと、入社前に企業の知識を身に着けてもらえる点がメリットです。
しかし企業も個人情報をはじめとする機密情報を多く持っているため、実際の仕事というよりは体験型プログラムを用意して学生に提供をしています。

インターンシップは必ず受けるものなのか

インターンシップが必ずしも採用に有利になるとは限りません。
企業によっては就活以前に実施をしていることもありますし、内定者に対して行うこともあります。
あくまでもインターンシップは採用活動ではなく、働くことへの気付きの場として提供することが目的です。

ただし、企業の中にはインターンシップの中で優先的に採用セミナーの案内をしたり専攻プロセスを変えていたりすることもあります。
そのため採用説明会の中でインターンシップについての説明はしっかりと確認しておくことが大切です。

インターンシップに参加するメリット

インターンシップに参加するメリットはいくつかあります。
まずは自分が興味のある企業や業界、仕事が明確になる点です。
インターンシップに参加することで企業により深くかかわることができ、業界研究や企業研究を進められ、自分自身のやりたいことが明確になります。

次に実際に企業に勤める人たちと触れる機会が設けられる点です。
実際に働いている人たちと接することで会社の雰囲気や社風を感じることができ、パンフレットやホームページに書かれていることが体現されているかどうかを判断できます。
会社内の雰囲気に触れることで自分に合った企業であるかどうかも判断しやすいです。

インターンシップは就職活動の練習としても役立ちます。
社会人の人たちと触れ合う機会は学生のうちは意外とありません。
そのためインターンシップに参加をして企業に勤める人たちと話をすることでビジネスマナーを学んだり、敬語の使い方を学んだりといった就活で必要な基礎スキルが身に付けられすぐに役立てることができるのです。

インターンシップを通して自分の現在の実力や不足していることも判断できます。
そのため残された学生生活でやるべきことも明確になり行動しやすいです。

就活は一生を決めるものでもあります。
そのため少しでも自分にできることはしておきたいものです。
インターンシップに参加すると視野も広がり、今までの反省ができるとともにこれからどのような成長をすべきかという行動指針にもなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Back To Top