1. >
  2. >
  3. UターンとIターンの違いやメリットを知る
ワーク

UターンとIターンの違いやメリットを知る

UターンとIターン

求人情報の中にはUターンとIターンの案内がされているものがあります。
似ているようで少し違いがあるので特性を知ったうえで就職活動をするようにしましょう。

Uターンというのは地方で生まれ育った人が都心で学生生活を過ごしたり就職したりした後に再び出身地域に戻って働くことです。
親の介護や一定期間で地元に戻る約束をしている人、都会での生活に疲れた人など様々な人が地元に戻る選択をし、Uターンをしています。

それに対してIターンは生まれ育った地域以外で就職をすることです。
特に首都圏で生まれ育った人が就職で地方に移住して就職する場合に使われます。

UターンやIターンのメリット

地方は自然豊かですし、都会に比べると人がいません。
そのためストレスも少なくゆったりと生活ができます。
特にUターンの場合には慣れ親しんだ土地に戻るため友達も多いですし、勝手を知っている地域なので生活もしやすいです。

UターンやIターンで地方に住む場合、物価も安い地域が多く生活にかかる費用も負担があまりありません。
居住費や食費といったものの負担が少ないと貯金もしやすいですし趣味にもお金を使いやすくなります。

将来的に結婚して家庭を持ってからは生活費の負担が小さいことはとてもありがたいことです。
子どもの教育にお金をかけられたり、一戸建てを購入したりと都会よりも様々なことを実現しやすくなります。

企業によっては積極的にUターンやIターンを推奨しているところもあり、就活でも有利なことも多いです。
地方に住むことで仕事の選択肢が増えたり、福利厚生が充実したりすることもあります。

UターンやIターンのデメリット

UターンやIターンのデメリットとして最も多いのが年収のダウンです。
首都圏に比べて地方は物価が安いため給与も下がる傾向があります。
そのため年収面では首都圏に比べると大幅にダウンする可能性が高いです。

ただし地方は給与も低いですが物価も低いので家計の面では一概に大変とは限りません。
そのため年収と生活費の双方から判断することが大切です。

地方は娯楽が少ないのもデメリットの一つとしてあります。
夜遅くまで営業しているお店も少ないですし、レジャー施設もあまりありません。
そのため休日も出かける場所が限られていますし、首都圏とはライフスタイルも違います。

洋服を買うにもいつものお店がなかったり、ライブに行きたくても近くで公演が無かったりすることも多いです。
都会の遊びがないことで物足りなく感じる人もいます。
しかし、地方には自然を生かした登山やサーフィンといった楽しみもあるので新たな楽しみを見つければ解決することもあるのでこれも一概にデメリットとは言い切れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Back To Top