1. >
  2. >
  3. ベンチャー企業の選び方
ワーク

ベンチャー企業の選び方

ベンチャー企業とは

就職や転職を考える際、大手は安心という考えが昔からありました。
しかし最近では選択肢の一つとしてベンチャー企業を選ぶ人も増えています。
ベンチャーとひとことで言っても様々な企業があるため就職先選びはとても難しいです。

ベンチャー企業というのは実は明確な定義はありません。
新しい事業に取り組む企業のことをベンチャー企業とすることが一般的です。
今までになかったビジネスモデルを取り入れたり最先端の技術を取り入れたりしている企業はベンチャー企業とされています。

ベンチャー企業は新しいことに取り組んでいることが多いためほとんどの企業が新しいですし中小規模です。
しかし中には急速に成長して大手レベルの規模になる企業もあります。

ベンチャー企業のメリットとデメリット

ベンチャー企業で働くメリットとして最も大きいものが新しいことに挑戦できることです。
今までなかった新しい技術やサービスを提供することは、自分自身にとっても新しいものを身に付けるチャンスとなります。
マーケットとして成長すれば社会への貢献も感じられますし、自分自身の経験を武器にキャリアアップや転職、さらには起業のチャンスも得られ自分の可能性を広げることも可能です。

また、ベンチャー企業の多くは新しい企業なので務めている人たちの平均年齢も低めで同世代が多く働いています。
そのため仲も深めやすいですしキャリアアップのチャンスも多いです。

デメリットとしては新しい企業であるために思うように社会でビジネスが認められなかったり収益が上がらなかったりすることもあります。
収入面でも安定しない可能性も高いです。
事業も軌道に乗らない可能性もありますし、場合によっては縮小や転換することもありやりたいことが思うようにできないこともあります。

ベンチャー企業にマッチする人材

ベンチャー企業は新しいことに挑戦するため、一人あたりに任せられる仕事も多いです。
そのため自分自身で複数の仕事をこなしたり、どんどんと新しいことに挑戦したい気持ちを持っていたりする人にはとても向いています。
若いうちからリーダーとして働きたい、マネジメントを行いたいという気持ちがある人、そういったことが得意な人にはとても向いています。

経営陣との距離も近く、経営のノウハウを学んだり自分自身も携わったりすることもできるので将来的に起業したい気持ちのある人には最適です。
自分の働きも会社に大きく影響するため積極的に動ける人にとってはやりがいを感じながら仕事ができます。
ベンチャー企業は新しい会社であるため無限の可能性があり、従来の企業の枠にとらわれず自分で自発的に動ける人にとってはやりがいがとても感じられる企業です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Back To Top