1. >
  2. >
  3. 親が将来子どもに就いてほしい職業ランキング
ワーク

親が将来子どもに就いてほしい職業ランキング

親と子どもの考えは違う

親は子どもに対してたくさんの期待をしていますし、可能性を伸ばしたいと思うものです。
そのような親のニーズに応えるためにも世の中には様々な習い事があります。
習い事を通して学ぶことは将来就いてほしい仕事の希望もあるものです。

もちろん子ども自身は親の希望通りの仕事を選ぶとは限りません。
しかし人生の先輩でもある親たちが子どもたちにどのような仕事に就いてほしいと考えているかを知ることは色々と参考になります。

親が将来就いてほしい職業

親が将来子供に就いてほしいと考えている仕事の1位は経営者、2位はプログラマーやゲームクリエイターです。
これらの職業はしばらくに荷を集めています。
IT社会やグローバル化の流れからこれらを生かした仕事を希望する親が増えているのです。

また親としては安定的な仕事を希望する傾向があります。
そのため経営者のようにしっかりと安定して収入が得られることも求められがちです。

一昔前までは安定した仕事として公務員が人気を集めていました。
しかし最近は教師職の仕事の大変さやトラブルが目に付くこともあり人気は低迷気味です。

将来を見据えた習い事

親が子どもにさせたいと考えている習い事の上位はプログラミング教室と英会話スクールです。
プログラミングと英語は2020年の教育改革で小学校での指導も必修化することになっています。
そのため人気が特に高まっている習い事です。

パソコンも英語も現在はどの企業で仕事をするにあたっても必ずスキルが求められます。
もちろん仕事を始めてから学んでも遅くありません。
しかし就活の段階で資格やスキルがあるほうが有利ですし、仕事を始めてから即戦力として働けますし、余裕がある状態で仕事を始められます。

特に英語については学生のうちに身につけておくことで海外の企業も視野に入れて就活を刷ることが可能です。
企業の中には公用語が英語の企業もあり、そのような企業で働くためには英語が日常的に使えないと仕事に就くことができません。
就職先の選択肢を広げるためにも英語は早いうちから身につけておいて損はないのです。

他にも習い事としてスポーツ系は人気があります。
もちろんスポーツ選手になってほしいという期待もありますが、スポーツを習うのはそれだけが目的ではありません。

体作りや運動不足解消はもちろんのこと、チームで戦うことで協調性を身につけること、努力することなどを教えるためにスポーツに取り組ませるという家庭が多いです。
習い事もすべてが将来の仕事に直結しているわけではありません。
しかし習い事を通して学ぶことが将来の仕事に役立つ場面もありますし、学校では身に付けられないものを習得させる目的もあり、多くの家庭は習い事をさせるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Back To Top