1. >
  2. >
  3. 大学生のうち身に着けておきたいセルフマネジメント
スキルアップ

大学生のうち身に着けておきたいセルフマネジメント

セルフマネジメントとは

セルフマネジメントはビジネス業界で近年注目されているものの一つです。
労働人口が減少しているため、企業は社員各自の生産性を上げる必要があります。
そこでセルフマネジメントを取り入れて企業の目標達成や業務効率を上げることを期待しています。

セルフマネジメントというのは自分自身を管理することです。
仕事の場面で活用することで目標を達成したり、ストレスマネジメントをしたり、生産性を向上したりすることができます。

セルフマネジメントの必要性

セルフマネジメントによって自分自身の肉体や精神を安定させること、よりよいパフォーマンスをするために改善を図ることができます。
似たような言葉にセルフコントロールがありますが、両者の違いは目的です。
セルフマネジメントは自分の状態を整えより良くすることが目的ですが、セルフコントロールは行動や感情を抑えることが目的とされています。

現在の日本は労働力が不足しており、今後もこの状態は改善する見込みがありません。
そこで世界の中で生き残るためにも社員一人当たりのパフォーマンスの高さが必要です。
故人の能力を高めるためにセルフマネジメント能力を高めることが必要と考えられています。

セルフマネジメント能力が身に付くことのメリット

セルフマネジメント能力を身に付けることで得られるメリットはいくつかあります。
まずは先入観や思い込みを持つことが減り、事実に基づいて正確な判断ができるようになることです。
他にも気が散ることなくやるべきことに集中できるようになります。

目標が明確に立てられるようになり、必要な行動が具体的にタスク化できるようになるのもメリットです。
タスク化できることで目標達成まで継続して行動できるようにもなります。

セルフマネジメントがうまくいかない要因

セルフマネジメントを行うためには阻害要因を知ることが大切です。
日々の行動の中で結果が出せない、やるべきことを後回しにしがちな人はセルフマネジメントを阻害する要因があるはずであり、それを知ることで改善することができます。

まずはネガティブな感情や思い込みにとらわれていることです。
自分の中で無意識に行われている会話によって作られているものが原因で、多くはネガティブなことでもあります。
このような無意識の会話によって気になる出来事がネガティブに捉えられがちです。

次にストレス管理ができていないことも原因としてあります。
ストレスを抱える場面は日常にとても多いですし、監理できず溜め込んでしまう人も多いです。
ストレスの原因をありのまま受け止められるようになると自己否定や思い込みによるストレスを抱え込まないようになります。

これらの行動をとらないようにするだけでセルフマネジメントは可能です。
繰り返して行くことで自然と良い結果が出せるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Back To Top