1. >
  2. >
  3. マインドフルネスの効果とは
ライフハック

マインドフルネスの効果とは

注目を集めているマインドフルネス

マインドフルネスは最近よく耳にする言葉の一つです。
最新の脳科学によってストレスを軽減させたり集中力が上がったりという良い効果が実証されています。
そのため外国では企業や政府機関でもマインドフルネスが取り入れられているところが多いです。

日本でもテレビや雑誌でマインドフルネスの特集は組まれています。
世界的にマインドフルネスは注目を集めているものなのです。

マインドフルネスとは

マインドフルネスは簡単にいうと集中する心の在り方のことです。
スポーツ選手が調子の良いときに「ゾーンに入った」ということをいうのもマインドフルネスの一つと考えられています。

リラックスをして一つのことに集中して研ぎ澄まされた状態がマインドフルネスです。
集中しているものの無理をしているわけではないのでストレスもなく自分のポテンシャルを最大限に発揮することができます。

普段の生活ではなかなかマインドフルネスの状態にはなりません。
毎日様々な情報を処理しストレスを感じる場面もありますし、パフォーマンスは下がりがちです。
そこでマインドフルネスが活用できるようになればパフォーマンスが上がりながらもストレスを抱えることなく過ごせ、精神的にも安定させることができます。

マインドフルネスの効果

マインドフルネスはパフォーマンスが上がるだけではありません。
精神的にも肉体的にも緊張が解けることでストレスも軽減できます。
さらには思考がクリアになって頭の中が整理されるので様々な能力も発揮されやすいです。

呼吸も整うので交感神経と副交感神経のバランスも整います。
自律神経の乱れが解消できるので睡眠の質も高まり体調不良も緩和されるのです。
このようにマインドフルネスを取り入れると仕事だけでなくプライベートでも良い効果が得られます。

マインドフルネス瞑想の方法

マインドフルネス瞑想は決して難しいものではありません。
誰でも簡単にできて、すぐに実践可能です!
基本的には呼吸に意識を向けて集中し、姿勢を正しくすればできます。

姿勢は立っていても座っていても良いので骨盤を起こして背筋を伸ばします。
体をゆすると体の中心がわかりやすいです。
肩や顔の力も抜いて目を軽く閉じたり一点を見つめたりしたら整います。

次に呼吸です。
ゆったりと気持ちよい呼吸をして呼吸だけに意識集中します。
からだの感覚とつながっていくと雑念も入ってきません。

もしも呼吸以外のものに意識が向いてしまったら呼吸に意識を向けるようにします。
これを繰り返していくだけです。

慣れるまでは呼吸に意識を向けるという感覚がつかめません。
吸った空気が体の中を通って外に出ていく様子をイメージしたり、肺の収縮を感じたりするとわかりやすいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Back To Top